出崎

★「ジャングル黒べえ」のメッセージは今も生きている

アニメ「ジャングル黒べえ」監督

出崎統
出崎統

「ジャングル黒べえ」は今年で生誕30周年。 「うら!」 まだまだ忙しいアニメ界の大物、出崎統監督の「黒ベエ」プロデュース。 ばなし>と言われました。

プロフィール:43年東京生まれ。 学生時代から漫画家としての作品を発表した後、虫プロダクションに入社。 アートフレッシュアンドマッドハウスを経て、現在は株式会社アンナプルの代表を務め、映画「とっとこハム太郎」や「鉄腕アトム」など数々の作品を手掛けている。 「あしたのジョー」「エースをねらえ!」「ガンバの冒険」「ホームレスチャイルド」「トレジャーアイランド」「ベルサイユのばら」「ブラックジャック」など、数々の作品を手掛けてきた。 。

手塚教授への憧れ—アニメに携わるまで伝記を聞いても大丈夫ですか?

何を描いたのかは覚えていませんが、小学生の頃、「マンガ少年」の最終号に掲載したのは初めてでした。小学生だったので勝てませんでしたが、名前だけが載っていました。 (笑)
「マンガボーイ」の投稿コーナーの責任者である寺田博夫は、松文館の「野球ボーイ」の4フレームのマンガ投稿コーナーを担当し、中学2年生から3年生のときに投稿しました。高校。 2回連続で入賞しました。ただ、レンタル漫画に投稿すると、そこにも選ばれました。受注を始めたので、高校1年生からレンタル漫画を描き始めました。
齋藤隆夫らが大阪で活躍し始めた頃、本のレンタル漫画を描くグラフィックノベルのように感じ、東京にも(本のレンタル漫画の)出版社が登場し、そして本のレンタル漫画が栄えました。マスターできた時期があります。ところが、高校2年生の時、テレビの影響で書店がなくなり、出版社は全員大阪に引っ越しました。
もともと手塚治虫が好きだったので、手塚治虫風の絵を一生懸命描いていて、レンタル漫画を描く場所がなかったので、2年生の終わりに色々な原稿を描いて持ち込みましたが、秋田書店「アドベンチャーキング」別巻付録の全ページのカットは、メジャーシリーズの最初で最後の作品でした。それで私はあきらめました。大好きでしたが、とにかくマンガをやめたと思いました。
その後、高校を卒業して、普通の工場のような場所でしばらく働きました。周りの人はみんな工業高校を卒業していて、普通の高校だったので知らず知らずのうちに働けず、たまたま虫プロダクションが人を探していました。小さな新聞広告を見ました。手塚先生とは知り合いがいませんでしたが、ここに行けば絵付けができるのではないかと思いました。
私が試験を受けたとき、それは「鉄腕アトム」(’63 -’66)のアニメーターの仕事でした。それを動かして動かすことができ、絵を描くことができたので、なんとか乗り越えました。正式な場所はわかりませんが、500人の応募者のうち、合格したのは約3人だけです。彼の即時の戦闘力のために、私はペイントするものを選んだと思います。

-誰が同時に同じクラスに参加しますか?

真崎守ですか?彼は監督になりたかったのでプロデューサーになりました。有名人が次々とやって来ました。入ってみると、村野守美さんが来て色んなことを教えてくれました。当時、虫プロダクションは富士見台の手塚さんの家の敷地内にあり、入ってみるとフィニッシャーも含めて100人くらいいたと思います。一年か二年後、彼らは後でやって来て、約300人がいました。その中には杉野昭夫と荒木伸吾がいます。レンタル漫画を描いていた私のような人が次々と集まってきました。

そして「ジャン・ブラック」へ!

-そして1973年に「ジャングル黒べえ」が始まりましたが、楠部大吉郎は「ジャングル黒べえ」と言いました。

ドラフトは宮崎駿が作ったとおっしゃいましたが-

知りません。でも楠部さんがそう言うならそうかもしれません。当初は「ど根性ガエル」(’72)を手伝いましたが、東京映画の最初の監督作品は「ジャングル黒べえ」でした。その時、初めて藤本さん(藤子Fさん)を使ってキャラクター画像を完全オリジナルアニメにして、話し合いで企画を決めました。

-東京映画側の創設者は誰ですか?

彼は亡くなりましたが、藤岡豊は国際テレビとTBSと共同で東京映画を立ち上げた人です。途中、国際放送の専務に就任し、しばらくして復活…あの人と長い間一緒に仕事をしていて、最後の作品は「NEMO」。 『ジャングル黒べえ』の企画書は、藤岡さんの依頼で東京映画企画事務所が作ったと思います。

-企画段階でのみこのようなプログラムを作ることについて藤本教授に話を聞いたのですか?

何を話したのかは覚えていませんが、新宿かどこかでの最初の治療しか覚えていません。藤岡さんと藤本さんが来てくれてとても親切でした。あまり飲まない方へ。もう落ち着きを感じています。

-作画監督として椛島義夫と杉野昭夫の名前が挙げられている-

杉野さんはマッドハウス時代から一緒に仕事をしてきましたが、この作品で楠部大さんと芝山達さん、そして東京映画のドローイングを担当した楠部大吉郎のAプロに会いました。です。 『ガンバの冒険』(’75)まで頑張って刺激し合った。同時に「新オバケのQ太郎」(’71)「ど根性ガエル」をやっていたので、Aプロの老人は出来ず、「ジャングル黒べえ」はマッドハウスで若いAプロでした。人が作ったものなので、当時は心温まるギャグマンガではなく、アバンギャルドなもので、イメージを貫いたものでした。 (この雑誌の続きをお楽しみください!)